Google Apps Education Edition は無料で利用でき、様々なメール管理上の 問題を解決してくれます。導入を検討したいけれど、学内で利用されている ID とは別に、Google Apps 側でも ID 管理をしないといけないという ID の二重管理の問題があるため導入を躊躇してしまうことも。。。 この問題を解決するのが AXIOLE です。AXIOLE 上に ID を登録すれば、自動的に Google Apps 側へも ID が登録されるため ID の二重管理から解放されます。さらに AXIOLE は、Active Directory や LDAP サーバへも ID 情報の同期ができるので、学内 ID の統合管理も可能です。その上、AXIOLE 自身が LDAP サーバ、RADIUS サーバとして機能するので、新たにメタディレクトリサーバの構築も不要。すぐにお使い頂ける統合認証サーバです。

新入社員や新入生の多い季節、IT 担当者はいくつものシステムにユーザ情報を登録し、メールアドレスを発行しなければなりません。こうした管理負荷をぐっと軽減させるには、認証基盤を LDAP に統一し、LDAP に対応するメールサーバを導入するという方法があります。そこで AXIOLE。 たとえば、ミラポイント社のメールサーバ製品 Mirapoint Message Server には、LDAP と連携することによりメールボックスを自動生成する Auto Provision 機能(オートプロビジョン)が搭載されています。AXIOLE とMirapoint Message Server の連携で、メールボックスの管理を自動化することができるので、メールサーバに対して個別にユーザ情報を登録する必要がなくなり、新入社員や新入生の情報を LDAP に登録するだけで、すぐにメールをご利用いただけます。

データセンター利用者が、データセンター内のシステムに VPN 接続でリモートコンソールにログインする場合、そのデータ センター利用者の ID もきちんと管理する必要があります。AXIOLE なら 容易にデータセンター利用者の ID 管理を行えます。AXIOLE は LDAP/RADIUS 認証サーバなので、VPN、Web アプリ等の認証にもすぐにご利用いただけます。また ID 管理機能も充実しており、有効期限設定や、CSV での 一括登録・修正など、便利な機能も満載です。何よりアプライアンス製品ですので、設計、導入に時間がかからず、運用コストも低く抑えられます。