ニュースリリース
HOME > ニュースリリース > プレスリリース > SmartSignOn for FEREC (iPhone/iPad版) Ver.1.1 をリリースしました
 
Web認証ゲートウェイFEREC対応・iPhone版エージェントソフトウエア
「SmartSignOn for FEREC」iPhone/iPad 版Ver.1.1 をリリース

iPhone だけでなくiPad からもワンタッチ認証が可能

PDF2010年9月7日 
株式会社ネットスプリング 

ネットワーク関連機器の企画・開発、販売を行う株式会社ネットスプリング(本社:東京都港区、代表取締役:西武 進)と、そのソフトウエア関連子会社システム・エンジニアリング・サービス株式会社(略称:SES、本社:愛媛県松山市、代表取締役:同上)は、iPhone シリーズやAndroid 携帯に代表 されるスマートフォン系端末用に、Wi-Fi やVPN を通してネットワークへのアクセスを簡単に可能とするクライアントソフトウエア「SmartSignOn」(スマートサインオン)Ver.1.1 を開発、提供を開始しました。

先月8 月2 日にSmartSignOn の第1 弾として、大学高専等文教マーケットで多く導入され、ネットワークなどへの不正アクセスを防止するWeb 認証方式のLAN アクセス管理ゲートウェイ装置「FEREC」(フェレック;ネットスプリング社製)シリ ーズ向けのiPhone/iPod touch/iPad 用クライアントソフトウエア、「SmartSignOnfor FEREC」iPhone/iPod Touch 版をリリースし、今回はその第2 弾としてバージョ ンアップした「SmartSignOn for FEREC」 iPhone 版 Ver.1.1 を9 月7 日にリリースしました。

本ソフトウエアはApple StoreのiTunesから無償ダウンロードにて入手できます。

SmartSignOn for FEREC は、大学等FEREC 利用組織のネットワークにおいて、膨大な数のiPhone 等スマートフォン系端末のWi-Fi 接続(VPN 接続)にもWeb 認証を踏襲しつつ同様にアクセス管理を簡単に できないかという要望に応えて開発されたものです。本ソフトウエアは、スマートフォン系端末にも、従来以上に容易な利用とFERECでのアクセス管理を同時に可能とするクライ アント形態として提供しています。クライアント形態とすることにより今後さまざまな展開が可能となります。

SmartSignOn for FEREC により、iPhone やiPad 内に事前設定したユーザID およびパスワードを利用してワンタッチでWeb 認証が受けられます。ユーザID やパスワードの入力の煩雑さを解消し、入力中の”のぞき見”防止にも繋がりま す。事前設定が完了していれば、スマートフォンが長時間スリープして認証が再度必要になった場合にもワンタッチで認証が可能になります。さらに、SmartSignOn for FEREC Ver.1.1 では認証に成功した 後、あらかじめFEREC 内に登録したカスタムページを自動的にSafari を起動して表示させることができます。この機能を利用することによりユーザを特定のポータルサイトに導くことが可能です。

SSO4F iPhone v1
● SmartSignOn for FEREC Ver.1.1 で提供する新たな機能
▪ iOS4対応
▪ iPad のランドスケープ表示対応
▪ Safari 自動起動によるFEREC カスタムWeb ページ表示
● SmartSignOn for FEREC の基本機能
▪ FEREC認証におけるワンタッチ・ログオン、ワンタッチ・ログオフ
  ユーザIDおよびパスワードの事前登録
▪ 自動FEREC検出
  事前登録されたFERECの場合は、登録場所を表示 ✽本クライアントの稼働環境は、iPhone OS3.1.2 以降、かつ、認証装置は、FEREC Ver.2 以降です。
本製品の詳細は、http://www.SmartSignOn.jp をご覧ください。

【LAN 認証ゲートウェイ「FEREC」について】

FEREC シリーズは、ネットワーク内部からのアクセスを個別に認証・管理し、不正アクセスを防止するアプライアンス機器。FEREC 単体でユーザアカウントを発行する内部認証、および外部の認証サーバの LDAP/RADIUS 認証を通過したユーザに対し、ファイルサーバ、プリンタ、インターネットなど、それぞれ個別に許可されたリソースのみを利用可能にします。認証機能を搭載したLAN スイッチなどに比べ、低コストで容易な ネットワークアクセス管理の導入を可能にし、局所単位の導入から拡大していける特長を持ちます。その運用管理の容易性により、“現場で継続的に使える製品”として好評を得て、大学、高等専門学校など 学術機関を中心に導入が進み、現在、100 以上の大学・学部・センターで稼働中。医療機関、公共機関、また、一般企業での会議室やソフト開発室等、多方面で導入事例が増えています。



【開発元:システム・エンジニアリング・サービス株式会社(SES)について】

1982 年に愛媛県松山市で創立されたソフトウエア開発企業。主としてIBM や富士通社製大型汎用コンピュータ向けの通信機器用ソフトウエアの開発・受託開発を手がけ、金融機関や製造業の基幹系システムで現在 でも利用されている優秀なソフトウエアの他、国内外で広く利用されたPDA 向けメールソフトなど豊富な開発実績を持ち、技術力に高い評価を得ています。現在は、創業者である西武 進が設立した株式会社ネットスプリン グの子会社として、SmartSignOn を手始めに、同社ソフトウエア製品の開発も担っています。

http://www.ses.co.jp/

【ネットスプリングについて】

ネットスプリングは、2000 年に広島で創立され、ネットワークシステムの提案・構築・運用サポートを主力のサービスとして営業活動を開始。2003 年には、広島大学の学内向けネットワーク認証ソフトウエアのコンセプトを 基にアプライアンス化したLAN アクセス管理装置「FEREC」を開発し、販売を開始。現在では、IDM 製品であるAXIOLE も含めて全国の国公立私学大学の13%以上での導入実績があります。主要製品ラインアップには、 FEREC シリーズ(Web 認証ゲートウェイ製品群)、AXIOLE(LDAP 系ネットワーク認証アプライアンスサーバ)、SSOcube (SSO アプライアンス装置)があります。



【本リリースに関するお問い合わせ】

株式会社ネットスプリング
マーケティング部
TEL:03-5440-7337
E-mail: